ハイジニーナ脱毛は、医療レーザー脱毛が良い?

ハイジニーナ脱毛の光脱毛と医療脱毛の違い

そもそも医療脱毛と光脱毛(フラッシュ)の違いは何か?

 

医療脱毛とはクリニックや美容外科などで行われる脱毛で、医師とのカウンセリングや施術後の経過など診察してくれます。施術できるのは、医師か看護師。
レーザー脱毛や光脱毛、電気脱毛などの種類がありますが私が実際体験したのはレーザー脱毛です。
医療脱毛=レーザー脱毛と言って良いくらい人気があるのではないでしょうか。

 

光脱毛とはエステサロンで取り扱われているもので、最近では家庭用の光脱毛器も売られている程!そういう意味では簡単にしかも医療脱毛(レーザー)より安く施術を受ける事ができます。

 

ここでは実際体験したレーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違いを説明していきたいと思います。

 

まずレーザーは特定の色や物質(しっかりとした毛やシミ、色素沈着など)に反応するレーザー光線(熱)と同時に冷却剤も照射し毛根を破壊していきます。フラッシュより温度の高い熱ですが、冷却剤を同時に照射する事で一瞬にして冷やして行くので火傷の心配がありまでん。
毛根を破壊しますので永久脱毛と言われます。
またレーザーは黒いものに、より反応するのでハイジニーナやひざ下の脱毛では効果が出やすいです。

 

フラッシュ脱毛では冷却ジェルを塗布した上で光を照射し毛根を弱くしていきます。
毛の薄い腕などは効果的で、ハイジニーナなど毛の濃い部分は時間がかなりかかります。
光脱毛と言ってもサロンによってマシーンやその効果は違います。

 

次に、大きな違いの一つと言えるのが『1回の照射の範囲』です。
レーザーは『点』で射ちフラッシュは『面』で射っていきます。
靴に例えるとピンヒールとスニーカーの違いですね。
これにより痛さも違います。(レーザーの方が痛いです。ハイジニーナは特に)

 

ハイジニーナ脱毛の場合、しっかりとした毛が生えている部分ですので、照射の深さが短いフラッシュ脱毛の場合かなりの時間と回数が必要になるかと思います。
サロンによっても通うペースが違いますので、(月1回通えるサロンもあれば、2?3ヶ月に1回)お手入れ前の確認が必要です。
メリットとしては、自分では難しい部分の脱毛をサロンで安くしてもらえる事。そして、面で照射して行くので射ち残しがほとんど無い事です。

 

レーザー脱毛の場合、照射の深さが長く、黒い物に特に反応してくれるのでハイジニーナ脱毛はピッタリです!1回の施術でも効果が感じられます。
ですが、施術の費用が高く着く事、点で射って行くので射ち残しが目立つ事がマイナスポイントとしてあげられます。

 

時間がかかるが安く済ませるか、短時間でお金をかけて済ませるか。

 

3?4回ほどレーザー脱毛をしその後フラッシュ脱毛に変更するという感じで自分の毛の状態を見ながら上手くバランスを取りやっていくのもいいかもしれませんね♪

 

 

以上、医療脱毛と光脱毛の違いでした。