ハイジニーナ脱毛は、医療レーザー脱毛が良い?

ハイジニーナ脱毛の光脱毛と医療脱毛の違い

アンダーヘア…悩む部位ですよね!
私は何も処理しないとパンツからはみ出るほどで…しかし過去に自己処理したところ、一回り範囲は大きくなり黒々しさは増してしまい…(笑)もう二度とここに手を加えない!と無法地帯でした。
それにしたって剛毛過ぎる…
でもハイジニーナはどうなの?温泉とか行った時ちょっと恥ずかしくない?キレイに三角形とか小判形とかもどうなの?
と、悩んでいた時閃きました。
脇は某脱毛サロンで経験していたのですが、完璧に脱毛するには毛の周期に合わせて何回もレーザーを当てて行かなければなりません。ということは3回くらいレーザー当てたら自然でお上品なくらいのボリュームになるんじゃないか!間引けるんじゃないかと!
早速サロンの仲良いスタッフさんに相談してみてやることに!初回で一度全体的に照射してみて、様子みながら整えていくことにしました★
まず施術の前日までに1回自分で剃刀で処理します。私はお風呂に入った際処理してますね。しかしIラインとOラインはどうにも自己処理が難しい…!デリケートな場所ですし、ムラだらけだけどしょうがない、くらいな感じの仕上がりで済ませています^^;
剛毛な私は次の日ものすごくチクチクが辛いです…オリモノシートとか装着してると少し和らぐ気がします。
そしていよいよ施術!施術の前にまず紙製?不織布?っぽい生地のTバックに履き替えます。その際、お店からデリケートゾーンも拭けるウェットティッシュをもらえました!何せ排泄する場所ですからニオイとか気になりますしね…3枚くらい入っていたので満遍なく拭きました(笑)。着替え終わったらスタッフの方が入ってきて、いよいよ脱毛開始です!
剃り残しをシェービング→レーザー→冷却、の順にVラインが終わったらIライン、Iラインが終わったらOラインと進めていきます。
紙のTバックは気休め程度だと思ってください、お店の方には全部さらけ出す覚悟で(笑)
V、I、O全てで1時間かからなかったです。ちなみにレーザー脱毛は経験済みの方はご存知の通り、太く黒い毛ほど弾かれるような痛みが強くなりますので、そこそこの痛みもご覚悟を。「デリケートな部分なので施術後3日くらいは体を温めないように」と注意を受けましたが日常生活送る分には特に気になりませんでした。汗をかくまでしっかり半身浴♪などしなければ大丈夫だと思いますよ!
さて、一時的とはいえ毛が全くなくなってしまった感想はというと…
とても快適!
MAX時と比べると心なしかパンツもゆるく感じるレベルです。そしてムレない!ハイジニーナされる方の気持ちがわかりました(笑)

しばらくジョリジョリ状態が続くため見た目がちょっと不格好…彼氏や旦那様がいるならちょっと恥ずかしいかも( ̄▽ ̄*)ちなみに照射後は何故かちょっと伸びてきてもチクチクしないミラクルです。
今、2回目のVライン整えてIラインとOラインを照射して1月半くらい経過したところですが、今の時点ですでに当初予定していた「自然でお上品な感じのボリューム」に仕上がってるのでなんかもう満足しています★Vラインもきっちり三角!とかじゃなくナチュラルな生え際(?)ですし…Iライン、Oラインだけつるつるになるまで続けようかな?これからもう少し伸びると思うのでまた様子みてやっていこうと思います。
同じ悩みをお抱えの方には「間引き」をオススメします!
気づかれたくない方はIライン、Oラインだけやってみても快適度が全然違いますよ♪夏を迎える前に検討してみてはどうてしょうか。

 

ハイジニーナ脱毛おススメのクリニックをチェック

 

 

そもそも医療脱毛と光脱毛(フラッシュ)の違いは何か?

 

医療脱毛とはクリニックや美容外科などで行われる脱毛で、医師とのカウンセリングや施術後の経過など診察してくれます。施術できるのは、医師か看護師。
レーザー脱毛や光脱毛、電気脱毛などの種類がありますが私が実際体験したのはレーザー脱毛です。
医療脱毛=レーザー脱毛と言って良いくらい人気があるのではないでしょうか。

 

光脱毛とはエステサロンで取り扱われているもので、最近では家庭用の光脱毛器も売られている程!そういう意味では簡単にしかも医療脱毛(レーザー)より安く施術を受ける事ができます。

 

ここでは実際体験したレーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違いを説明していきたいと思います。

 

まずレーザーは特定の色や物質(しっかりとした毛やシミ、色素沈着など)に反応するレーザー光線(熱)と同時に冷却剤も照射し毛根を破壊していきます。フラッシュより温度の高い熱ですが、冷却剤を同時に照射する事で一瞬にして冷やして行くので火傷の心配がありまでん。
毛根を破壊しますので永久脱毛と言われます。
またレーザーは黒いものに、より反応するのでハイジニーナやひざ下の脱毛では効果が出やすいです。

 

フラッシュ脱毛では冷却ジェルを塗布した上で光を照射し毛根を弱くしていきます。
毛の薄い腕などは効果的で、ハイジニーナなど毛の濃い部分は時間がかなりかかります。
光脱毛と言ってもサロンによってマシーンやその効果は違います。

 

次に、大きな違いの一つと言えるのが『1回の照射の範囲』です。
レーザーは『点』で射ちフラッシュは『面』で射っていきます。
靴に例えるとピンヒールとスニーカーの違いですね。
これにより痛さも違います。(レーザーの方が痛いです。ハイジニーナは特に)

 

ハイジニーナ脱毛の場合、しっかりとした毛が生えている部分ですので、照射の深さが短いフラッシュ脱毛の場合かなりの時間と回数が必要になるかと思います。
サロンによっても通うペースが違いますので、(月1回通えるサロンもあれば、2?3ヶ月に1回)お手入れ前の確認が必要です。
メリットとしては、自分では難しい部分の脱毛をサロンで安くしてもらえる事。そして、面で照射して行くので射ち残しがほとんど無い事です。

 

レーザー脱毛の場合、照射の深さが長く、黒い物に特に反応してくれるのでハイジニーナ脱毛はピッタリです!1回の施術でも効果が感じられます。
ですが、施術の費用が高く着く事、点で射って行くので射ち残しが目立つ事がマイナスポイントとしてあげられます。

 

時間がかかるが安く済ませるか、短時間でお金をかけて済ませるか。

 

3?4回ほどレーザー脱毛をしその後フラッシュ脱毛に変更するという感じで自分の毛の状態を見ながら上手くバランスを取りやっていくのもいいかもしれませんね♪

 

 

以上、医療脱毛と光脱毛の違いでした。